ここから八千代町社会福祉協議会のページです。

八千代町社会福祉協議会

  • 文字サイズ
  • S
  • M
  • L

地域福祉事業


高齢者福祉

| 高齢者等理髪料助成 | 敬老祝品贈呈事業 | 友愛訪問事業 | クリスマス料理配付事業 | ひとり暮らし高齢者いきいきツアー | 日常生活自立支援事業 | 軽度生活援助事業 | 老人クラブ連合会 |
高齢者等理髪料助成事業

内容
寝たきり等の方で理髪を必要とする在宅の高齢者に対し、理髪料の一部を助成します。
対象者
介護保険の要介護3~5に認定された在宅の高齢者。
助成額
半年ごとに2枚(年間4枚)助成券を発行し、1回の利用につき2,000円を限度として助成。
申請方法
申請書に必要事項を記入の上、担当の民生委員を通じて申請ください。
※すでに理髪券の発行を受けている方は、申請の必要はありません。

 高齢者等理髪料助成券交付申請書(PDF) 理髪料助成
敬老祝品贈呈事業

 敬老週間にあわせて町内在住の高齢者の長寿を祝うため、社協会長または職員が対象者宅を訪問し、祝品を贈呈します。


対象者
年度内に 88歳に到達する方
  〃 100歳に到達する方
  〃 101歳以上の方 

友愛訪問事業

友愛訪問事業 町内にお住まいの70歳以上のひとり暮らし高齢者の方を対象に、利用者の安否確認を目的として第2・第4火曜日の月2回お弁当をお届けしています。
 お弁当をボランティアの皆さんが手渡しでお届けしています。

クリスマス料理配布事業

 高齢者が生活の中に楽しみを見出せるように、歳末たすけあい配分事業の一環として、民生委員の協力を得てクリスマス料理の配付を行っています。


対象者

70歳以上のひとり暮らし高齢者
70歳以上の高齢者のみの世帯 

クリスマス料理配付事業


ひとり暮らし高齢者いきいきツアー

 外出機会の少ないひとり暮らし高齢者の方に、自分の希望する買い物が出来るよう事業を実施しています。

対象者

町内の70歳以上のひとり暮らし高齢者 



日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業ってなあに?

 認知症や知的障がい、精神障がいなどで判断能力が不十分な方の権利を擁護することを目的として、地域において自立した生活が送れるよう福祉サービスの利用援助や日常的金銭管理等を行うものです。


利用できる方

   町内に居住している方で認知症や知的障がい、精神障がいなどで判断能力が不十分な方


サービス内容

  • 福祉サービスの利用援助
  •  ・福祉サービスを利用しまたは利用をやめるために必要な手続き
  •  ・福祉サービスの利用料を支払う手続き
  •  ・福祉サービスについての苦情解決制度を利用する手続き
  • 日常的金銭管理サービス日常生活自立支援事業
  •  ・年金及び福祉手当の受領に必要な手続き
  •  ・医療費を支払う手続き
  •  ・税金や社会保険料、公共料金を支払う手続き
  •  ・日常の生活費(食費、日用品費、家賃等)を支払う手続き
  •  ・預貯金の払い戻し、預貯金の解約、預貯金の預け入れの手続き
  • 書類預かりサービス
  •  ・年金証書、預貯金の通帳、権利証、実印や銀行印
      但し、宝石、書画、骨董品、貴金属類はお預かりできません。
援助内容
料金
福祉サービスの利用援助
1100円(1回1時間あたり)
日常的金銭管理サービス
日常生活の事務手続きサービス
書類預かりサービス
500円(1ヶ月あたり)

軽度生活援助事業

 訪問介護員(ホームヘルパー)を自宅に派遣し、日常生活の支援を行います。

 洗濯、調理、買い物、掃除等の軽易な家事援助や相談援助を行い、ひとり暮らし高齢者や高齢者世帯の自立支援と、要介護状態への進行を防止し住み慣れた自宅での生活が送れるようお手伝いします。

利用できる方

おおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者および高齢者世帯で、原則として介護認定外の方。

軽度生活援助事業
老人クラブ連合会

 地域を基盤とする高齢者の自主的な組織です。生きがいと健康づくりのために、老人クラブの仲間づくりを基礎に相互に支え合い、楽しいクラブづくり、社会貢献するクラブづくりに励んでいます。

活動内容
単位会長女性部長研修の実施
高齢者芸能のつどいの開催
各種研修会への参加
老人クラブリーダー地方研修会への参加

共同募金
善意銀行
社協日記
心配ごと相談
facebooページ